オーダーメイド

誕生日とパワーストーンの関係

誕生日とパワーストーンとはあまり共通点のないような気もしますが、誕生月や誕生日には決まった花や宝石などそれぞれに意味づけられたものが決まっているのが定説です。
そして、パワーストーンも同じ様に誕生日や誕生月によってその意味があるようです。
パワーストーンには誕生石があって、守護石として身につけることで、御守りとして災難を逃れることができ、さらに幸運を手にすることができるというものです。

天然石としてのパワーストーンは古来から魔除けや守護石として使われてきました。
そして、生まれた月がその人の一生を左右するといったことが昔からの言い伝えとして残っています。
それをまとめたものが誕生石というものです。

あなたは何月に生まれたのでしょうか?どんな人にも誕生石があって、あなたを守ってるわけです。
そして、パワーストーンを自分の近くに置くことでその力をもっと身近に感じることができます。
誕生石はその人が生まれた月のものをいつも見に着けることが普通なのですが、もう一つの使い方としてその月の誕生石を身につける方法もあります。

つまり、12種類の誕生石を用意して、毎月付け替えていくこともできます。
余裕のある人なら、誕生日のパワーストーンもあります。
誕生日のパワーストーンのほうがより、あなたを守ってくれる力が強くなっていることでしょう。

簡単に誕生石を紹介しましょう。
1月はガーネット、2月はアメジスト、3月はアクアマリン、4月はダイヤモンドやクリスタル(水晶)、5月はエメラルド、6月はパールやムーンストーン、7月はルビー、8月はサードオニキス、9月はサファイア、10月はオパール、11月はトパーズ、12月はターコイズ(トルコ石)となっています。
誕生石のパワーストーンにも同じ様に意味が込められています。
自分がいつ生まれたのか、そして、どんな意味があるのかをしっかりと感じ取りましょう。
そして、誕生石のパワーストーンを使ったアイテムを大切な人に贈ることもあります。

Copyright(C) 2013 石の力を大切にする All Rights Reserved.