オーダーメイド

質の悪いパワーストーンとは

質の悪いパワーストーンは意外とたくさんあるようです。
そして、パワーストーンを単なるファッションをしてしか考えていない人は、安くて質の悪いパワーストーンを使っていることがあります。
パワーストーンをよく知っている人が見ると、本物なのか偽物なのかはすぐに見分けがつきます。

そうしたパワーストーンを身に着けているのは格好悪いものです。
できれば、質の悪いパワーストーンを選ばないようにしてください。
もし質の悪いものを選んでしまったことに気づいたら、そのパワーストーンは使わないほうがいいでしょう。

まだ使ってそれほど経っていない場合は、返品するなどしてください。
ところで、素材によっては質が悪くなくても、もともと水に弱いパワーストーンもありますので、そうした場合は、使用する場所や条件によっては別のパワーストーンを使ったほうがいいときもあります。
硬度が低いパワーストーンの場合は、少し取り扱いに注意しましょう。

あまり硬くないので、少しの動きで傷がついたり、浄化をしているときに傷が入ったりとちょっと困ったことになります。
こうしたパワーストーンは、取り扱いが難しいので初心者向きではありません。
水に弱いものもあります。

水に弱い場合は、浄化の際に水を使うのは避けたほうがいいのですが、どうしてもという場合は、水がついたり濡れたときでもしっかりとふき取るようにしましょう。
質の悪いパワーストーンとデリケートなパワーストーンとの違いは紙一重です。
そんな場合には、パワーストーンを購入するときには、その石の性質をよく知ってから買うようにしてください。

パワーストーンの効能ばかりを考えているとそうした落とし穴にはまることがあります。
ですから、石の性質のことを十分に勉強してからパワーストーン選びをしてみてください。
同じ種類の石を選ぶときでも、たくさん比べてみてその光沢や触り心地の違いなど確かめるようにすれば質の悪いものを選ぶのを避けることができます。
また、インターネットでパワーストーンを購入する場合にはhttp://ocvcblog.com/の記事を是非ご覧になっていただきたいです。

Copyright(C) 2013 石の力を大切にする All Rights Reserved.