オーダーメイド

自然物崇拝心から生まれたパワーストーン

パワーストーンは古代の人類が始まったころから、願いを叶えたり健康をもたらすとされてきた天然石のことをいいます。
天然石のことをまとめてパワーストーンといいますが、厳密な違いや定義などは全くありません。
パワーストーンは、水晶やダイヤモンドやルビーなども存在し、その価値を含めて特別な石として認識されています。

パワーストーンだけでなく、宝石は美しく輝いており、希少価値の高いものとして存在しています。
パワーストーンの歴史は、紀元前の大昔に遡り、世界中の王侯貴族たちが宝石や天然石を装飾品として身体や衣服に身につけていたわけです。
そうした貴族達が好んで身に着けていた宝石や天然石には、その時代から既に不思議な力があり、願いが叶ったり病気が治るなどの効能があると信じられていて、そのことを理解していました。

世界中にはいろいろな場所にパワースポットというものがあります。
古代遺跡や古代神殿などもその一つに挙げられます。
パワースポットでは、不思議と同じ様な共通点があります。

自然崇拝としての対象物や御神体が石や岩などでできているということです。
石や岩でできているので、古来の人類が始まる前からその御神体が存在していたということを表しているわけです。
日本においても水晶を御神体とする神社もあります。

また、神が降りてくる場所を磐座と呼んで自然崇拝の対象としての岩の存在を捉えています。
石や岩などは人の願いを叶えるものとして考えられています。
石や岩はその種類により波動を放っています。

その波動が人の想念と同調して大きな波動となり、人やものに対して影響を与えるようになっています。
それは目に見えないものですが、パワーストーンもその種類によって多種多様な力を持っていると考えるのは、自然なことなのです。
また、パワーストーンや石は、医療用にも使われており、インドや中国では伝統的に薬石治療などが昔から存在し今でも続けられています。

Copyright(C) 2013 石の力を大切にする All Rights Reserved.