オーダーメイド

マヤ人とパワーストーンの関係

マヤ文明でもパワーストーンは大変に貴重なものとして考えられていました。
マヤの社会は身分階級制が敷かれており、貴族もいて身分の差により鮮やかな羽飾りのついた被り物をかぶっていました。
さらに貴族はアゲート、エメラルド、オニキス、タイコーズなどの天然石を使った宝飾品をたくさん身につけていたのです。

マヤ文明は日本でもよく知られている古代文明です。
日本では古墳時代から平安時代あたりまでが、マヤ文明の最盛期だったわけです。
マヤ文明は不思議な文明として知られています。

それはなぜかというと、突然高度なマヤ文明が消えてなくなってしまったからです。
そのため、謎が多い文明として有名になりました。
マヤ文明の中で不思議だとされていることについて少し解説してみましょう。

マヤ文明の不思議なことといえば、マヤの巨大ピラミッドや神殿都市の存在です。
そうした建造物はその時代にどうやって作られたのか未だにわかっていないことがたくさんあります。
そうした建造物を作るのに高等数学が使われていたという事実もありますが、その頃に高等数学既にあったということもマヤ文明の謎の一つになっています。

同じ様に今使われているような高度な天文学も既に存在し、火星や星の軌道の計算などもできたとされています。
このような不思議な文明においてパワーストーンが使われないわけがありません。
天然石を使った宝飾品を身にまとい不思議な力を発揮し、巨大建造物や数学などを駆使して一大文明を築いていたといってもいいのかもしれません。

巨大文明の影には必ずパワーストーンの存在があるというのは、紛れも無い事実だということです。
パワーストーンのエネルギーの素晴らしさを感じながらも、文明が消失したことに関してはちょっと残念な気がしてしまいます。
マヤ文明は奇跡の文明だと言われていますが、宇宙を感じさせるパワーストーンに何か神秘的なものを感じずにはいられない気分になってきます。

Copyright(C) 2013 石の力を大切にする All Rights Reserved.