オーダーメイド

古代中国に見るパワーストーンの存在

古代中国でもパワーストーンは貴重なものとして捉えられていました。
古代中国でも文明が栄えていましたが、紀元前200年ごろから多数国家が一つの国家統一へと変化を遂げていきました。
その後は争いごとはありましたが、平和と繁栄の時代が続くようになりました。

当時の中国王朝の貴族は、ネフライトなどを始めとして、いろいろな天然石で作られたものを死後の世界で使うものだとして死体一緒にお墓に葬られました。
パワーストーンはそれ以前の紀元前5世紀ごろから不老不死のや長寿の思想が始まっており、健康や長寿や不死を願う人が多くなっていました。
特に貴族には永遠の反映を願うと同時にいつまでもその権力を保ち、死なずにいたいという思いが強かったようです。

不老長寿の秘薬として、賢者の石を養生法や仙人術などを加えることでより発展させてきました。
中国と同じようにインドや日本でも数多くの神々が信仰されていますが、今も残っている数多くの寺院にはたくさんの宝石が祭られています。
古代中国の文明はアジア全体にも影響を与えていたため、まだ古い文化や文明の残っている地域では宝石やパワーストーンは、不老不死や不老長寿の薬などとして大切に扱われているところが多くなっています。

パワーストーンはそのような伝統を受け継ぎながら、長寿や不老不死のお守りとしての存在をクローズアップさせて、使用しているところが主流になっています。
そうしたパワーストーンの素材は翡翠や真珠といったアジアでよく使われる天然石を使用していることが多いといえます。
このように古代中国の文明でも使われていたパワーストーンが今も同じように信じられて使われているのは、その効能や効果がホンモノだということの証明であるといってもよいでしょう。
パワーストーンは最近のブームで登場したのではなく、パワーストーンそのものの歴史も長く、いろんな地域で登場し信頼のあるお守りとして安心して使ってもよいという証拠になるでしょう。

Copyright(C) 2013 石の力を大切にする All Rights Reserved.